NEWS / COLUMN

2021.03.23

コロナ禍でお家のトイレの考えの変化

家づくり

在宅時間が増えて利用回数も増加、省エネ便器の需要が加速!

コロナ禍で在宅時間が増えたというお客様が多くなっています。

その分光熱費も上がり節水や省エネに対する意識がさらに高まったという方も多くなっているでしょう。

パナソニック株式会社では、在宅時間増加に伴うトイレに関する意識変化についてアンケート調査を実施しました。

その結果、「自身や家族の在宅時間の増加により、自宅のトイレの利用頻度が増えた」と回答された人が約58%に上りました。

また、約40%の人が「自宅で掃除が億劫になったり、負担が大きくなった場所」として、トイレと回答された方が最も多かったのです。

そこで、掃除回数が増えたと回答された方が「トイレでより気になるようになったことは、便器の中の汚れ」が最も多かったです。

次いで、「便器の外側への飛び跳ねの汚れ」となっています。

一方「トイレのドアノブに触れること」「洗浄レバーやボタンに触れること」といった接触に関する項目では、男女での意識が見て取れ、過半数の女性がより気になるようになったと回答されています。

また、「トイレ掃除で頻度や時間を減らしたい掃除は何ですか?」という質問でも、「便器の中の掃除」が最も多く挙げられています。

続いて飛び跳ね・漏れ汚れに関連する「トイレの床の掃除」「便器の外側の掃除」が挙げられ、「トイレの床の掃除」では、特に女性が「頻度や時間を減らしたい」と答えています。

トイレ

お掃除ラクラク・壁掛けスタイル便器

壁掛けタイプのトイレが発売されました。

TOTOから発売された「FD」という商品の特徴は、浮遊感を意味するフローティングデザインです。

足元をすっきり見せ、視覚的に空間の広がりと軽やかさを感じさせてくれます。

便器が壁掛け仕様で床から離れているため、掃除も容易です。

また、便器からでている給水管や電源コード、レバーハンドルをキャビネット内に収めていて、見た目もすっきりしています。

トイレ

座り心地と清潔保持機能向上

シャワートイレの使用後、ノズルを銀イオン水でしっかり洗浄する「ノズル除菌」を行うタンクレストイレであるLIXILSATIS Gタイプ」が発売されました。

洗い流すだけでなく、銀イオンの作用で除菌、菌の繁殖を防ぎます。

またプラズマクラスターイオンが便器鉢内を除菌する「鉢内除菌」と組み合わせることで、トイレを利用しない時も除菌作用が続く仕様です。