NEWS / COLUMN

2021.03.23

最高品質の断熱材使用するスーパーウォール工法

耐久性

通気層構造と高性能断熱材が住まいの耐久性を高める!

末永く快適に暮らすために、世代を超えて住み継げる家であるために、また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性を見逃してはなりません。

一番のポイントは、湿気による壁内部への結露の発生を抑えることです。

特に断熱材の耐湿性がその重要なカギになるのです。

最高水準の性能を持つ断熱材が壁の内部結露を抑えます。

スーパーウォールのお家で使用している断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォームです。

その特長は、湿気を通しにくく、グラスウールに比べおよそ2倍の断熱性があります。

壁の内部結露を抑えることができるため、住まいの耐久性向上に効果を発揮します。

また、瑕疵保証で保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証します。

*硬質ウレタンのメカニズム

スーパーウォールパネルで使用している硬質ウレタンフォームは、独立した気泡となっており、湿気を通しにくい構造となっております。

上は、硬質ウレタンフォームの顕微鏡写真です。

小さな気泡(セル)の集合体であることがわかります。

硬質ウレタンフォームのセル内は、HFOガスで満たされています。

●HFOガス:地球温暖化係数が代替フロンの1/1000以下で、地球環境にやさしいノンフロンガスです。

現場発泡ではなく工場生産にこだわる理由があります。

硬質ウレタンフォームは、イソシアネートとポリオールの2液を用いて混合・化学反応させて合成した発泡体です。

単純なメカニズムで成型するため、条件を間違えると良品のウレタンは成型されません。

LIXILの工場では、2液の調合比率、温湿度環境、発泡面の温度、発泡方法など、徹底した品質管理を行っています。

現場における発泡ではなく工場生産にこだわる理由は、高性能なウレタンフォームの安定した品質を維持するために、細部にわたる品質管理が必要であるからです。

品質と保証

スーパーウォールの家は、安心の品質をお約束します。

住宅は一生で最も高価な買い物です。

そして、ご家族の大切な資産になるものです。

だからこそ、スーパーウォールのお家は、万全の品質管理と保証でお応えし、一邸一邸で実施する住宅性能の確認から部材の保証まで、建てる前も建てた後も、安心の品質をお約束します。

断熱材内部の結露による劣化を35年間保証します。

スーパーウォールパネルに使用している断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームを採用しています。

室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。

スーパーウォールは、瑕疵保険(10年間)では、保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証します。

全棟で気密測定を実施し、性能報告書を発行します。

スーパーウォールの家は、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。

さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値でご確認いただける性能報告書を作成し、お客様にお渡しします。

「防火構造」と「準耐火構造」の国土交通大臣認定を取得しています。

スーパーウォールパネルは、公的な防火試験に合格し、「防火構造」と「準耐火構造」の国土交通大臣認定を取得しています。

そのすぐれた安全性から、防火制限においても、必要に応じて建築規制に対応することが可能で、火災のリスクからも大切なご家族や財産を守ります。

万全の品質管理により、高精度な部材を供給しています。

高い性能を安定して発揮できるよう、スーパーウォールパネルなどの部材は、部材メーカーであるLIXILの工場で厳しい品質管理のもと高精度加工しています。

また、建ててからでは、見えない住宅内部の構造部分にスーパーウォールパネルが採用されていることを証明する「出荷証明書」を発行します。