NEWS / COLUMN

2020.08.31

モノのインターネット

スマートハウス

IOTとは

IOTとは、何か、IOTで何が実現できるのかを分かりやすくご説明いたします。

IOTは“Internet of Things”の略でモノのインターネットと略されています。読み方はアイ・オー・ティーです。

IOTとは、モノがインターネット経由で通信することを意味します。

従来はパソコンやサーバーなどのIT関連機器が接続されていました。しかし現在では新たにテレビやデジタルカメラ、デジタルスピーカー、エアコンなどの家電製品や安心安全につながる防犯に至るものに増えてきています。

このように世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆるものがコミュニケーションをするための情報伝送路になりつつあります。

そして今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIOTと呼んでいます。

スマートハウス

IOTにより実現できること

・Iotで離れたモノを操作する遠隔操作ができます。

例 ・エアコンの電源を入切する。・照明の制御をする。

・Iotでモノの状態を知る遠隔操作ができます。

例 ・モノの開閉を知る(ドア、窓、戸棚、引き出し、その他)・ペットの行動を知る・観葉植物の状態を知る(土壌にセンサーをつけて水分や成分をモニターする)

 

Iotでモノ同士で任意データを送受信できます。

さらに今後、デジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報や様々なデータがインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えていくことでしょう。