NEWS / COLUMN

2021.07.04

住宅会社はどうやって選べばいいの?

自分たちにぴったり合う住宅会社を選びたい!

誰もがそう思いますよね(^^)

住宅会社の選び方は、大きく分けて3つに分けることができます。

「ハウスメーカー」

「工務店」

「建築設計事務所」

それぞれ得意分野などが異なります。

違いを理解したうえで適切な住宅会社を選ぶことをおすすめします(^^)

スマートハウス

 

【それぞれのメリット・デメリットを知ろう!】

ハウスメーカー

◎メリット

★ 大手企業ならではの安心感

★ 分業制で効率化されており短い工期

★ モデルハウスが豊富で楽しく見れる

✖デメリット

★ 広告費・人件費にお金をかけているため、費用が高くかかっている

★ その会社の技術・設備しか選べないなど、自由度が低い

★ 担当者が配置換えや転勤などでいなくなりやすい

 

工務店

◎メリット

★ 地域密着型でこまやかに対応してくれる

★ 職人と触れ合う機会が多く相談しやすい

★ 入居後も気軽に修繕などを相談できる

✖デメリット

★ 自社内で設計する場合、設計の自由度はあまりない

 

設計事務所

◎メリット

★ 工務店の施工をお客様目線で監理できる(監理業務)

✖デメリット

★ 工事は外部(工務店)に依頼するので、連絡・連携に時間をとられるので工期が長くなる

★ オープンハウスの見学はタイミングが合わないと難しい

 

会社ごとのおおよその特徴は上記のとおりです。

工務店と設計事務所は「工事」と「設計」で役割分担していて、

お互いに補完しあっていると考えるとわかりやすいですね。

 

【工務店は、新築について多様化が進んでいます】

工務店は、ハウスメーカーや建築設計事務所に比べて、多様化が進んでいるんです。

工務店というと普通は、「職人集団」というイメージが強いですね。

しかし、今では、建築アドバイザーなどがいて、

「住まいのトータルプロデュース」として任せられる工務店が増えているんです。

これが、多様化の理由です(^^)

アイラシックホームのように、工務店でも、

土地もご提案でき、住宅性能やパッシブデザインなどをご説明し、

アドバイスできる会社が増えています。

 

【「住まいの性能」を手がかりに選ぶ!】

 

新築の住宅は、断熱性や気密性、耐震性などいろいろな指標で機能を比べることができます。

そのような住宅の性能の数値をきちんと公開しているかは、

住宅会社の信頼性をはかる手がかりになります。

数値が示されていれば、そこからより優秀な工務店を選ぶのも簡単です。

しかし、数字だけでは、本質は見えません、高断熱やパッシブデザインなどは、

お客様の目や身体で感じられる建築会社を選ぶことをおすすめします。

 

【 最後の決め手は「人と人との関係」】

家づくりは、淡々と機械的に進めてはいけません(^^)

これからのあなたの人生を過ごす大切な住まいにゆだねる

夢や・希望など「想い」がのっていきます。

それにいかに担当者が応えてくれるのか。

が、最終的に一番重要になってくるのではないでしょうか。

また、細かいところまでごまかさず、あなたの不安を解消し、

丁寧に説明してくれるかもとても大切です(^^)

金額やサービスも大切ですが、やはり人と人との関係性も

軽視せずに考えていきたいところですね。

 

信頼できる住宅会社に出会えるまで、

あきらめずにいろいろ建築会社を回ってみることをおすすめします!!