NEWS / COLUMN

2020.06.02

和モダンスタイルの家

新築

コンセプト

和の趣を現代風にアレンジした和モダンスタイルの家

 

「nagomi(なごみ)」は、日本の気候風土が生んだ和風建築と現代の暮らしやすさをあわせ持つ“和モダン”スタイルが特徴です。和モダンスタイルは、周りの景色と調和する美しい姿と穏やかな空間。そこに生まれる家族が仲良く暮らすことのできる「和」こそ、日本の住まいの原点だと考えています。

美しいデザインもさることながら、高い耐震性や耐久性を備えていることも[nagomi]の特徴です。見えないところにまで気を配り、家族の暮らしと安全を守ります。

多雨多湿で、季節による温度変化が激しい日本。暮らしやすさを追求し、創意工夫された和の住まいを現代風の和モダンスタイルにアレンジすることによって、より快適な空間が生まれます。

 

外観

伝統的な「和」の住まいには、暮らしをより快適に、豊かにするための知恵と工夫が込められています。[nagomi]は、古き良き日本の伝統を踏襲しながらも、時代に合った新しい和モダンスタイルの風を吹き込みます。

落ち着きのある上品なデザインだからこそ、和モダンの雰囲気を一層引き立ててくれます。

また軒があることで、夏は頭上から照りつける強い日差しを遮り、冬は低い位置から差し込む光を取り込んで、一年を通して快適な空間を実現してくれます。

内観

和風住宅のメリットを生かした[nagomi]シリーズ。畳や障子など、落ち着いた和の素材を取り入れることで、モダンな中にも伝統的な雰囲気を醸し出すことができます。

直射日光を遮り、やさしい明るさを届けてくれる障子。断熱効果や調湿効果なども持ち合わせているため、カーテンと比べて熱や湿気がこもりにくい傾向にあります。

近年、和室や畳コーナーを取り入れる人が増えています。畳は断熱性や保湿性に優れているため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。

どこか懐かしい和の趣の[nagomi]は、心にも体にも安らぎを与え、日本の気候に合った工夫がされている住まいです。