NEWS / COLUMN

2021.05.21

地盤調査開始!願うは、改良不要!

小松市島町の地盤調査を実施しました。

アイラシックホームでは、スウェーデン式調査法を使用しています。

地盤調査は、家を建てる前に、その土地の地盤がどの程度の建物の重さに耐え、

沈下に抵抗する力があるか調べます。

例えば、地盤調査をした土地で、建物がその重さに耐えられないと、建物が沈下します。

地盤調査では、その建物が沈下するかしないかを判断します。

沈下の恐れがあれば適切な対策(地盤改良)が必要となります。

地盤調査は、法律で義務付けされています。

甚大な被害を出した2000年の阪神・淡路大震災に建築基準法が改正され、

家を建てる際に地耐力を調べることが建築基準法で求められるようになったのです。

地盤調査の結果から地盤改良が必要か不要か判定されます。

出来れば、地盤改良が不要であってほしいです。

なぜなら、その分費用が増えるからです。

そればかりは、結果を待つしかないですね。

地盤解析判定書が届きました。

基礎仕様の判定

地盤品質証明基準  ベタ基礎

と結果報告が来て、地盤改良費が削減できることがわかり

お客様も私たちも喜んでいます。