NEWS / COLUMN

2022.01.16

寒い家はイヤ!新築なら暖い家

今日は、「もう寒い家は、イヤなんです、少しの年数でもいいから暖かい家に住みたい。」

というご夫婦が来られました。

 

「35年前に新築して、断熱リフォームやインナーサッシを取り付けたんですが」

寒いのは、変わらないとおっしゃっておられました。

このお客様は、35年前に建てられたんで、仕方ないかもしれませんが、

 

新築で建てたお家が寒いなんていう話、信じられますか?

 

しかし、実際にある話なのです。

欠陥住宅でなく、普通に建てた、設計図通り、打ち合わせ通りの

新築のお家が、とても寒いということがあるのです。

 

家の寒さというのは、一度建ててしまうと立て直す以外の方法は難しいです。

今日のご夫妻も「2回リフォームしたけど変わらない」

と言われたのが事実です。

 

そのような失敗をしないために、理想の暖かいお家を手に入れるために、

しっかりと知識をつけていきましょう。

【1番重要なのは「壁、床、天井の気密性・断熱性】

 

*上記は気密測定中の写真です

 

寒い外の空気から家の中を守るために

一番重要になってくるのが気密性です。

 

難しそうに思える言葉ですが、簡単に言うと、

風が入りやすいかどうか、隙間が少ないかを表したもの

になります。

ーー気密性を表す数値ーー

気密性を表す数値としては、「C値」というものがあります。

この数値が小さいほど、隙間風が入りにくく、

気密性が高いということになります。

 

≪もちろん外からの冷たい空気が入りにくいだけでなく、

温めた部屋の空気も逃げにくいということです≫

 

ぜひ、モデルハウスや完成見学会に行かれたら、

「このお家は気密性はいくらですか?」

と聞いてみてください。

 

例えば

「この家は、気密性は3です」と言われたとしましょう。

それがいいのか悪いのか、判断は難しいですね。

安心してください。

その数値には基準があります。

目安をお伝えしましょう。

この小松市の豪雪地帯では、2以下が望ましいです。

ちなみにアイラシックホームでは、0.3以下は当たり前です。

先日も気密測定をした平屋の新築で0.15でした。

加えて、お話すると、気密性(C値)は上記の写真のように

気密測定をしなくては、表すことができないのです。

 

また、気密性が高いだけでは、意味がありません。

「断熱性」も同時に高くなければいけません。

 

 

ーー断熱性を表す数値ーー

 

断熱性を表す数値は「UA値」です。

窓・床・壁・天井・屋根から、どれだけの熱が室内から逃げていくのかを

数値化したものです。

 

数値は、基本的にC値と同じく、

数値が小さければ小さいほど断熱性が高い

ということになります。

 

では、UA値は、どこまでが必要なのかの目安は、

費用対効果で考えていくしかないかもしれません。

断熱性をあげるといううことは性能の良い断熱材やサッシなど

コストが上がります。

 

小松市などでは0.4~0.6はほしいです。

ちなみにアイラシックホームは、0.4以下を標準としています。

 

新築を計画されるのなら、「最高レベルの高断熱・高気密」に

すれば間違いなしです。

 

家を建ててから直すのは、難しいのでしっかり確認したいものです。

今日来られたご夫妻は、良く勉強されていました。

こんなことも言われました。

「どうも、住宅会社によって、技術の差で暖かさは違うのではないのかな?」

と、

 

その通りだと思います。

 

住宅会社が、どれだけ「高性能の住宅を建てる必要があるか!」というおもいが強く、

「いいお家を建てる!」というおもいがあるかではないでしょうか。