NEWS / COLUMN

2021.11.12

寒さ対策:効果の出るサーキュレーター

石川県小松市では、昨日から寒くなりましたね。

家のリビングの足元が寒く感じるようになりました。

私の家では、エアコンの暖房のみで過ごしています。

天井の温度と足元の温度差が6℃があるので何かした方が良いと思い、

とりあえず押し入れから出してきた扇風機を使ってみたところ、

1時間後に温度差が1℃になりました。

 

そこで、サーキュレーターの効果と使い方をお話しましょう。!

 

 

エアコンは、部屋を暖かくしてくれますが、空気を循環させる能力が低く、

温度ムラができてしまいます。

エアコンでできない、空気の循環をサーキュレーターで補うことで、

暖房効率を上げて、省エネに部屋を快適な温度に保つことができます。

 

【暖房の強さを増してくれるサーキュレーターの効果】

 

エアコンの暖房のみを動かした場合は、稼働10分後の天井と床の温度差が8.8℃ありますが、

60分後にサーキュレーターを使用開始すると、100分後には、温度差が0.6℃と差が小さくなっています。

また、温かい空気を下すことで、床の温度が約2℃高くなりました。

足元を温めるにもエアコンとサーキュレーターの同時使用が効果的なことがわかっています。

 

【エアコンとサーキュレーターを使用することで暖気代も安くなる?】

暖房をつけても足元が寒い場合、どんどんエアコンの設定温度を上げてしまします。

そうすると、消費電力が多くなってしまい、電気代が高くなってしまいます。

サーキュレーターを使うことで温度ムラを少なくし、部屋の上下の温度差を均一にすることで、

エアコンの稼働効率が良くなり、節電にもなります。

 

【サーキュレーターの置き方】

エアコンとサーキュレーターは、位置関係によって効果が違います。

間違った置き方をしていると、空気が循環しなく、温度ムラを解消できません。

これからは、エアコンの効率を上げて、省エネに使用できるために

サーキュレーターの置き方をお話しましょう。

 

暖房でエアコンを使用するときのサーキュレーターの正しい置き方


部屋の隅からエアコンに向けて対角線上にサーキュレーターを置くことで、

天井付近にたまっている暖気を循環させて、空気を効率よく動かすことができます。

対角線上におけない場合は、真上に向けて風を送ることで空気が循環します。

吹き抜けやロフトがある場合は、1台は、エアコンの下に真上に向けて置き、

2台目はロフトや吹き抜けの手前に下に向けて暖気を1階に送ります。

 

 

この寒さを乗り越えるためにもサーキュレーターを使って

快適な暮らしをしていきたいですね。

 

 

アイラシックホームでは、エアコン1台で家中あったかいを実現できるように

高性能住宅をご提案しております。

そのうえ、皆様の家計にやさしい、地球にやさしいの実現に向けて

いろいろな情報発信や、ご相談を受けております。