NEWS / COLUMN

2022.04.12

小松市での新築お引渡しが完了

3月26日、小松市で新築のお引渡しが無事完了しました。

お施主様とのお出会いはちょうど1年前でした。

お施主様の「お家を建てたい!」というおもいを強く感じ

何とかしてお家を建てることができるようにいろいろご援助させていただきました。

 

 

「真冬でも暖かいお家にしたい」

「かわいい住まいにしたい」

というおもいから完成できた新居です。

 

では、少し注文住宅の「引き渡し」の流れをお話しましょう。

 

1,完成した家をチェックする。

建物が完成したら完成検査・お施主様検査を行います。

次の点をチェックしましょう!

● 新居の完成が図面通りになっているか

● クロスに汚れや傷がないか

● ドアや扉の建付けの不具合がないか

● 床の傷やきしみの音がないか

などです。

 

もしも不具合等などがあったら、お引き渡しまでに修理してもらいましょう。

 

2,「お引渡し」で正式に「あなたの家」になります

 

 引き渡し当日の流れ

1,代金の支払い ・・・金融機関で最終的な手続きを行い、住宅ローンが実行されて

建築の代金の残りを支払います。

 

2、名義変更   ・・・引き渡し日には、建物の所有権が建築主に移ります。

家の名義があなたになり、登記されます。

 

3,補修状況の確認・・・検査で見つかった不具合、傷などの補修が完了されているか確認します。

 

4,建物の使用開始・・・玄関の鍵をもらって、お家に自由に出入りができます。

 

5,使用方法やメンテナンスの説明・・・住宅設備の説明書や保証書を受け取り、使い方の説明を受けます。

 

3,お引渡し後に引っ越しになります

 

お引渡しまでに準備すること】

1、引き渡し日の決定

・引き渡し日に清算する税金や登記費用などは、建築会社に確認し、準備しましょう。

 

2,引き渡し日が決まれば、住宅ローンの金融機関に連絡します。

 

3,引越しの手続き

・引き渡し日が決まれば、引越費を決めましょう。

・引越し業者は、数社に見積もりを依頼しましょう。特に引越しシーズンは予約が取りにくいので

早めに予定をしましょう。

 

4,ライフラインの手配

・引越した日からスムーズに生活できるように、引越しまでに新居の電気・水道・インターネットが

使用できるようにしましょう。

 

5,現在の住まい・駐車場の解約

今、住んでいる住まいや駐車場の解約の手続きも忘れずに行いましょう。

賃貸アパートなどに住んでいる場合、立ち退く予告は、1カ月ぐらい前までに

必要なので、契約書を確認しましょう。

 

6,役所等手続き

登記をする前に住所変更が必要になます。司法書士の先生に依頼して確認しておきましょう。

免許書の住所変更、配達物の転送届も忘れずに行いましょう。

 

【家に関する書類は、確実に保管しましょう】

引き渡し時に受け取った書類は、後で必要になることもあるので、確実に保管しましょう。

なかでも 検査済書・登記関連書類・住宅ローンの契約書・住宅性能評価書・工事請負契約書等

大切に保管しておきましょう。

 

【まとめ】

あなたの住宅が完成したら、「お施主様検査」でまずは細かくチェックします。

「お引渡し」の日には、金融機関に集まって、住宅ローンの借り入れで建築代金の支払いを行い、

住宅の登記簿があなたの名義になるように法務局へ司法書士の方に申請を依頼して実施します。

金融機関での手続きが終われば、家の鍵や設備の保証書・説明書を受け取ります。

 

さぁ、今日から新しいお家での生活が始まります。

 

私たちアイラシックホームは、お客様とのお付き合いはお引渡し後だと思っています。

一生のお付き合いの開始です。