NEWS / COLUMN

2021.06.08

間取りは、家づくりで大切です!なぜ?

家づくりで大切なのは、間取りです。

理想のマイホームを作るには、『間取り』が大切だと聞くのですが、どうして?

今回は、間取りの重要性や考え方の

ポイントについてお話します。

「どうして間取りが大切なんですか?」

一言でいえば、住みやすさに直接つながるからです。

「収納が足りなくて、家中ににモノがあふれて困る・・・」

「一日中照明をつけっぱなしにしないと暗い・・・」

「洗濯後、干場まで遠くて大変・・・」

など、間取りは、暮らしに大きく影響を与えます。

心地いい暮らしを叶えるには、家づくりで、

自分たちの暮らしに合った間取りを見つけることが大切です。

 

間取りを考えるときのポイントは?

ご家族の暮らしにお家を合わせましょう。

ご家族の年齢や家族構成、生活リズム、お仕事、趣味など住む人に

よって間取りは違ってきます。

ご自分の今の暮らしを見つめ直し、

「こんな暮らしがしたい」という希望を具体化し

「もっとこうだったらいいのに」といった不満も参考にし、

間取りを考えると良いでしょう。

お家に暮らしを合わせるのではなく、

ご自分の暮らしに合った家づくりをすることがポイントです。

では、どのように間取りを考えるか、流れをお話しします。

1,どのような空間が欲しいのか考える。

・単に「リビング」「収納」「書斎」・・・というだけではなく、

その空間でどのように過ごしたいかをイメージすることが大切です。

2,それぞれの空間の大きさを考える。

・その空間で快適に過ごすには、どのくらいの広さが必要なのか、

実際にその空間の中にご自身がいることをイメージしながら

ちょうどよい広さを考えましょう。

3,それぞれの空間のつながりを考える。

・機能や用途でプライベート・パブリックな空間に分け、

暮らしやすくなるよう、つながっていたら便利、

距離があった方がよいなど考えてみましょう。

4,スムーズな空間の配置を考えましょう。

・空間と空間の行き来を考えてみましょう。

空間同士お関係性が見えてきて、暮らしに合った

間取りや動線を導きですことができるでしょう。

「マイホームで暮らしの悩みを解決したい!」と願っておられる皆様、

間取りで解決したいですね。

ご自分たちの暮らしをイメージされて、心地良い暮らしがかなう間取りを

自由設計でご一緒に考えましょう。