NEWS / COLUMN

2022.05.24

高性能な住宅は最大150万円補助!

高性能な地域木造住宅に最大150万円補助される2022年度「地域型住宅グリーン化事業」の詳細が

発表されました。

長期優良住宅(長期優良住宅)や高度省エネ型住宅、ゼロ・エネルギー住宅等を建てたいと思っている方は、この機会を利用されるのがお得です。

地域型住宅グリーン化事業とは何?

地域型住宅グリーン化事業とは、国土交通省の採択を受けたグループが建てる、耐久性や省エネルギー施などに優れた新築の木造住宅に対して補助金がもらえる制度です。

グループとは、製材、建材、設計、施工などの地域の工務店を中心とした事業者で構成されたグループのことです。

地域型住宅グリーン化事業制度を利用するには、建築主が国土交通省の採択を受けたグループに対し、建築の発注を依頼することが必要です。

弊社、アイラシックホームは、その中小工務店になります。

また、何度も言いますが、補助対象となるのは、省エネルギー性能や耐久性などに優れた木造住宅または、新築、および木造住宅の省エネ改修となります。

地域型住宅グリーン化事業の要件とタイプ別補助額は、

①長寿命型(長期優良住宅)            ・・・・・100~140万円

②ゼロエネルギー住宅型              ・・・・・125~150万円

③高度省エネ型                  ・・・・・ 70~90万円

また、追加要件を満たすと下記のような加算があります。

①地域材量加算                 ・・・・・20万円

②3世代同居加算                 ・・・・・30万円

③若者・子育て世帯加算             ・・・・・30万円

④地域住文化加算                ・・・・・20万円

⑤バリアフリー加算               ・・・・・30万円

加算額も加えると大きな金額になります。

まとめ

地域型住宅グリーン化事業は、継続の可能性が高い事業なので、長期優良住宅や高度省エネまたは

ゼロ・エネルギー住宅等を建てたいと考えられている方は、ぜひともアイラシックホームにお問い合わせください。