NEWS / COLUMN

2021.10.09

高性能住宅には、断熱材は重要です

高性能住宅には、高性能な断熱材を選ぶことが大切です。

小松市で新築中の住宅は、快適・健康・安心・安全で住むことができるスーパーウォール工法を採用しています。

スーパーウォール工法での断熱材は、硬質ウレタンフォームを使用しています。

 

それでは、新築を建てた後に「断熱性が高いと聞いていたのに、冬は寒くて仕方ない」

と後悔しないように断熱材の種類についてお話しします。

 

【なぜ断熱性能が大切なのかお伝えします。】

断熱性の低い家に住み続けると、家の寿命縮めるだけでなく、

ヒートショックや冷え症によって皆様の命にも影響してきます。

ヒートショックで最悪な事態として、心筋梗塞や脳梗塞等を引き起こしかねない怖い現象です。

 

ヒートショックは、リビングなどの暖かい部屋から浴室やトイレへ移動する時におこりやすいものです。

若い時は何ともないかもしれないですが、年を重ねるほどヒートショックへのリスクが高くなります。

 

ヒートショックを防ぎ、家の中で快適・健康に過ごすためには、住宅の高断熱化は欠かせないです。

 

【住宅の断熱性は断熱材選びで決まります】

 

家の断熱性を高めるポイントは、断熱材選びにあります。

断熱材にもいろんな種類があります。

繊維系の断熱材として、

一般的なグラスウール、ロックウール、セルロースナノファイバー、インシュレーションボードがあります。

また、プラスチック由来の断熱材として、

ポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、フェノールフォームなどがあります。

その他にも発砲プラスチック系断熱材として硬質ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、

フェノールフォーム等があります。

なかでも使用をおすすめしているスーパーウォール工法での断熱材の一つが、硬質ウレタンフォームがあります。

なぜなら熱を通しにくく、壁の中の結露発生を防ぎ、木材の腐れの防止にもつながるからです。

 

(上記の写真は、硬質ウレタンフォームの顕微鏡写真です。)

なぜ、内部結露を防ぐのか?

スーパーウォールパネルで使用している硬質ウレタンフォームは、独立気泡フォームで、

小さな硬い泡が独立した気泡になっていて、湿気を透しにくい構造だからです。

 

【断熱材とは何か?】

ここまでお読みいただいて、住宅の高断熱化の大切さをご理解いただけましたでしょうか?

ここからは、断熱材についてさらに具体的なお話しましょう。

 

断熱材とは、家の屋根、壁、床、窓を取り囲み、家の外と中の熱のやり取りを

シャットダウンしてくれる材料のことです。

断熱材の性能で一番大切なのは、熱を通しにくいかどうかです。

熱を通しにくいかどうかを表す指標に、熱伝導率があります。

熱伝導率の低い断熱材の方が、断熱性が高いといううことになります。

ちなみに

グラスウール(10K)     0.050

セルロスファイバー     0.040

硬質ウレタンフォーム(1種)  0.029

 

 

【断熱材選びのチェックポイント】

1,断熱性能が高いか。

2, 燃えにくいかどうか。

3,燃えたときに有毒ガスを発生しないか。

4,熱に強いか。

5,湿気に強いか。

6,気密性が取れるかどうか。

 

まとめとしまして

高性能住宅には、どのような断熱材を選ぶかがとても重要になります。

工務店を選ぶ時には、その工務店がどれだけの断熱性能(UA値)なのか聞いてみてください。

今年の4月からは、お家を建てる住宅会社は、説明する義務があります。