2024.05.01 申込受付中

長期優良住宅の理由が分かる内部構造見学会

長期優良住宅の理由が分かる内部構造見学会

地震や水害から家族を守る家を建てたいと思いませんか?

近年、地震や水害といった自然災害が増えており、多くの方が家の安全性について不安を抱えています。
特に家族を守るための住まいづくりは、多くの人にとって重要な課題です。

わたしたちの悩みを解決する「長期優良住宅」とは?

災害に強く、高気密高断熱で快適な住まいを提供する長期優良住宅は、その解決策のひとつです。
しかし、長期優良住宅がどのようにしてこれらの特性を実現しているのか、具体的には知らない方も多いでしょう。

そこで、アイラシックホームがご提案するのは?

「長期優良住宅」の内部構造を直接見て、触れて、理解できる見学会です。
この見学会では、私たちの家づくりがどのように災害に対して強く、高性能な住まいを実現しているかを詳細にご紹介します。

「長期優良住宅の理由が分かる内部構造見学会」

日 時
6月30日(日)
7月7日(日)14日(日)
21日(日)28日(日)
時 間
10:00~17:00
完全予約制

(1回1時間程度を目安としております)
場 所
石川県小松市
※詳細はお申し込み後、お伝えします

見学会で得られるメリット

  1. 耐震性・水害対策が確保できる理由
    耐震性については、耐震等級3(最高等級)を誇る構造、制震の施工を実際にご覧いただけます。
    耐震等級3とは、震度7の地震でも家が倒壊しにくいことを意味します。
    水害対策については、地盤改良や防水施工技術の実例を詳しく説明します。
  2. 高気密・高断熱の仕組み
    UA値0.19の高断熱性能を持つ住宅です。
    これは、少ないエネルギーで快適な室内環境を維持できることを示します。
    C値0.1以下の高気密性能を体感できます。
    これにより、外気の影響を受けにくく、エアコン1台で家全体が涼しい環境を実現します。
    電気代の削減にもつながります。
  3. 長期優良住宅の内容と根拠
    長期優良住宅は、地震などの災害に強く、長期間安心して住める家です。
    例えば、耐震性の高い建材や設計が採用され、耐震等級3が基準のため、
    震度7の地震が来ても家が倒壊しにくいメリットがあります。

質問にお答えします!
高気密高断熱に対する工夫や長期優良住宅に関する質問に、専門スタッフが丁寧にお答えします。

本物の高気密・高断熱とは?

いま、あなたの家族の未来を守る一歩を踏み出しませんか?

長期優良住宅の内部構造を実際に見学することで、あなたの家づくりに関する不安や疑問を解消しましょう。
家族が安心して暮らせる家を建てるための具体的な情報と体験が得られるこの機会をお見逃しなく!

「長期優良住宅の理由がわかる!内部構造見学会」

日 時
6月30日(日)
7月7日(日)14日(日)
21日(日)28日(日)
時 間
10:00~17:00
完全予約制

(1回1時間程度を目安としております)
場 所
石川県小松市
※詳細はお申し込み後、お伝えします
EVENT