NEWS / COLUMN

2020.07.06

IoT住宅って何?

家づくり

IoT(アイ・オー・ティー)とはInternet of Things。

日本語では「モノのインターネット」と訳され、身のまわりのあらゆるものがインターネットにつながることをいいます。

高齢のお母様が電気ポットを使うと離れて暮らす息子さんにメールが届く・・・というCMを見たことがありませんか?

これはポットをインターネットにつないだことによって実現した“みまもりホットライン”という安否確認サービスです。

外出先からお風呂を沸かしたり、エアコンのスイッチをいれたりといった家電の遠隔操作はIoTの一例としてよく知られているのではないでしょうか。

家づくり

IoT技術の活用による住宅や住生活の質の向上への期待が高まっています。

よく挙げられる住宅のイメージはこんな感じです。

・朝「おはよう」と言うと、カーテンが自動で開き、照明やエアコンがONになる。

・出かける準備ができて「行ってきます」と言うと、すべて電源が自動でOFFに。

・眠る前に「おやすみ」と言うと、カーテンが閉まり、照明が消える。

自宅にメイドさんがいるようなイメージですね。