NEWS / COLUMN

2021.05.24

ZEH(ゼロエネルギー住宅)の家を建てなくてはいけなくなるの?

「なぜ?これからの住宅は、ZEH(ゼロエネルギー住宅)にしなくてはいけないのか?」

をお話しさせていただきます。

エネルギー事情と地球環境

私たちは、生活していくために、多くの石油や石炭を燃やしてエネルギーとして使っています。

化石燃料である石油も2008年ごろを境に産油量は、減っていく方向にあります。

中国とインドの急激な自動車の増加により、逆に使用量は増えているのです。

現在もガソリンの1㍑の価格もだんだん上がってきていますよね、

 将来、ガソリン代も電気代も2倍、3倍になるかもしれません。

また、二酸化炭素などの温室効果ガスの過剰発生による

地球温暖化問題で極端に夏は気温の上昇が増えてきていますよね。

夏はさらに熱くなり、冬は寒くなったりと極端な気候になるかもしれません!

 

そうなると今後ますます、住宅の断熱性能や気密性能が重要になってくるのです。

 

 日本とドイツの住宅を比べると

このような問題に早く気付いて、対応し改善してきたのがイギリスやドイツです。

特にドイツの住宅性能は、日本との性能差は、4倍もあります。

一部の住宅を除いて、日本の住宅は、断熱性能や気密性能の基準が低く、先進国の中では、

最低クラスです。

「新築したのに冬は、寒い!し、電気代が今月は、3万円もした!」と今だに聞きます。

これは、エネルギー事情と地球環境の点からもお客様の不満足や疑問にもなりますよね。

また、2030年には、新築住宅をゼロエネルギー住宅とすることを目指しています!

私たちは、このゼロエネルギー住宅を、国策だからと推進しているわけではありません。

私たちアイラシックホームのおもいは、ゼロエネルギー住宅の持つ基本性能の高さで、

お施主様とそのご家族様が『快適・健康・安心・安全』につながることです。

アイラシックホームは、このようなことから、ゼロエネルギー住宅に取り組んでいるのです。

ZEHのことや住宅の性能についてのご相談はお気軽にしてくださいね。